広告スペースのシェアリングエコノミーサービス「Adplace(アドプレイス)」がいい感じ

Published:2017.09.05

昨今注目を集めに集め、多額の資金調達など何かと派手で景気の良さそうな「シェアリングエコノミー」。
そんなシェアリングエコノミーで「個人のWebサイトの広告スペース」を売買できるWebサービス「Adplace(アドプレイス)」が日本コンピュータ・ダイナミクス株式会社さまよりリリースされた模様です。

Adplace(アドプレイス)

広告スペースのシェアリングエコノミーサービス「Adplace(アドプレイス)」がいい感じ

Adplace(アドプレイス)
https://adplace.jp/

使い方は簡単、メールアドレスで会員登録して、広告スペース毎にWebサイトの情報を登録していくだけ。
登録する項目は「Webサイト」と広告の「プラン」ごとに別れていて、

サイトを登録

  • サイトURL(必須)
  • サイトカテゴリー(必須)
  • サイト名(必須)
  • メディアタグ(必須)
  • 想定ターゲット層(必須)
  • 媒体資料URL
  • 月間平均PV数
  • 月間平均ユーザー数
  • サイト概要(必須)
  • サイトメインカラー (3つまで)
  • サイトカバー画像

プラン設定

  • プラン名
  • 1日当たりのプラン料金
  • 最低掲載期間
  • 想定PV or 想定IMP
  • プランタイプ
  • 掲載レポートの報告

のようになっています。
項目が多くてやや面倒にも思えますが、必須のところを除けば割りと楽でした。

むしろ広告主として利用したい

マーケット」を見てみると、かのナタリーや様々なジャンルのWebサイトが広告主を募集していて、中には400円/日のものも。
うまく使えばめちゃくちゃコスパ高いような気がします。

でもWebデザイナーとして物申したい

SPAっぽいサイトオシャレだし遷移もスムーズでいい感じなのですが、各Webサイトの紹介ページのURLが無効になっていて、個別にシェアしたりできないのが地味に不便です。

あとフッターの「Nippon Computer Dynamics Co., Ltd.」のリンクがサブドメイン「www」なしのURLに飛ばされてリンク切れ……。
一見不審ですが、日本コンピュータ・ダイナミクス株式会社さまは実在しております。電話もしたので多分大丈夫。

私のWebサイトもふっそりと登録してみたので売れるといい……とてもいい……。

ではでは。

最新の記事

お知らせ