PC自作派のためのシンプルかつスタイリッシュなPCケースまとめ

Published:2017.07.07

PCでゲームをやることが多いのでもっぱらWindowsの自作マシンを愛用しているのですが、特に悩まされるのがケース選び。
PCケースと髭剃りのデザインはどうしてあんなにも偏ってしまうのでしょう。
「かっこいい PCケース」「おすすめ PCケース」で検索すると、必ずといっていいほどどこかしらが発光したり透けていたりなケースがお目見えします。

ここでは、Ryzenを前にすっかり頭をもたげた自作欲の暴走に備え、シンプルかつスタイリッシュなPCケースをまとめました。

メーカー製PCケース

アルミボディに定評のあるLian-Li

1983年から創業34年の歴史を持つ台湾のPCパーツ屋さんで、オールアルミ製かつ高精度のケースを作ることで有名。

アルミボディに定評のあるLian-Li

伝統があり、品質も高く、シンプルでありながらも無骨さを感じさせないデザイン。好き。

北欧ブランド「Fractal Design」

静音特化のDEFINEシリーズで一世を風靡したスウェーデンのPCパーツ屋さん。

北欧ブランド「Fractal Design」

静音性を求めた結果、筐体が密閉に近い状態になり内部にほこりが入り込みにくく、かつ各吸気口にいちいちフィルターが搭載されていて素敵です。

クラウドファンディング発のPCケース

海外のクラウドファンディングサイト「Kickstarter」「Indiegogo」で発表されたPCケース。
こういうカテゴリーのクラウドファンディングめちゃくちゃ好きです……一日中見ていられる……。

DAN Casesのゲーミング向けmini-ITXケース「A4-SFX v2」

mini-ITX規格のケースにフルサイズのグラボを詰め込んでしまおうという発想のもとに生まれた「A4-SFX」。
そこから大きさはそのままにを新たな機能等盛り込みつつ再設計されたものが「A4-SFX v2」です。

DAN Casesのゲーミング向けmini-ITXケース「A4-SFX v2」

ドイツのDanさんがクラウドファンディングで立ち上げたブランドだから「DAN Cases」。わかりやすい。

Louqe社のゲーミング向けmini-ITXケース「GHOST」

思想は「DAN Cases」と同じながらも、さらに拡張性を持たせてきたのが「GHOST」。
ケース上部を付け替えることにより大きさを変えられるようになっているのですが、なによりデザインがめちゃめちゃ素敵。

Louqe社のゲーミング向けmini-ITXケース「GHOST」

スウェーデンはストックホルム生まれのスタートアップだそうで、ケースにもスウェーデン国旗のタグが。かわいい。

CRYORIG社のモニター台型PCケース「TAKU」

「小型化するのではなく既にデスク上にあるものに成り代わろう!」的な発想から生まれたモニター台型のケース。
木製の足がかわいい。

CRYORIG社のモニター台型PCケース「TAKU」

Lian Li社と台湾企業同士での共同プロジェクトだそうです。

Crono Labsのモニター裏にドッキングするPCケース「The C1 Computer Case」

成り代わりシリーズ「モニター」的なケース。iMac的な。

Crono Labsのモニター裏にドッキングするPCケース「The C1 Computer Case」

なお「The C1 Computer Case」はすでに製造終了しており、海外のフォーラムで「もうクラウドファンディングはこりごりさ」みたいなことを言っているのを見たような気がします。
あんまり儲からないのかな……。

PCケースまとめ

クラウドファンディング系が実に素晴らしくて、今から一般販売が待ち遠しい
Ryzen向けのmini-ITXマザボの充実とあわせて楽しみにしております……。

あと私事ですが、結婚しました。
ほしい物リスト失礼します!

ではでは。

最新の記事

お知らせ