フリーランスのための「セルフメディケーション税制」簡易まとめ

Published:2017.01.23

今年からはじまった新しい税制「セルフメディケーション税制」についての覚え書きです。

セルフメディケーション税制とは?

ざっくり説明すると年間12,000円以上薬買ったら

  • 従来の医療費控除(10万円以上の病院代控除)
  • 新しいセルフメディケーション税制控除(12,000円以上の薬代控除)

どちらの控除を受けるか選ばせてあげるよー、というものです。

昨年力一杯歯医者に通ったものの数万円しかいかなかったぼくとしては新たな選択肢に期待が高まります。

セルフメディケーション税制の対象医薬品

そんな期待の高まるセルフメディケーション税制ですが、薬だったら何でも良い訳ではなく、下記のマークのついた「スイッチOTC医薬品」が対象医薬品となります。
(まだはじまったばかりの制度なのと、マーク自体が任意のため対象医薬品ならマークの有無は無関係だそうです。)

スイッチOTC医薬品

ありがたいことに我らが厚生労働省がPDFと! Excelで! 対象医薬品をWeb公開してくれています。

セルフメディケーション税制対象品目一覧

有名所では、

辺りが重宝しそう。
(Amazonで「セルフメディケーション税制対象商品」で検索すると捗ります。)

個人的に意外だったのですが、虫刺されの「ムヒ」や禁煙の「ニコレット」も対象となっているようです。

どのみち確定申告の避けられないフリーランスとしてはありがたく利用したい限りです。
年末の駆け込みロキソニン」とかが風物詩になったりするんですかね……。

ではでは。

最新の記事

お知らせ