ユーザーが予測可能なスワイプするレスポンシブTableスタイル

Published:2017.12.01

この記事はCSS Advent Calendar 2017、1日目の記事として書いております。

こんにちは。モロ(@moro_is)です。
以前、「ユーザーにスクロールを予測させるCSSの書き方について」というエントリーを拝見しまして、「すげー! 何かリッチな感じがする!」と大変感銘を受けたことがあります。

当該コードがこちら。

See the Pen Scrolling Hints by Responsive Table by Kasumi Morita (@mkasumi) on CodePen.

Scrolling Hints by Responsive Table

期待に違わぬ見事な出来なのですが、まだ改善の余地は残されているように思えます。
そう、一番外側のdivです。

このご時世、そうdivに目くじらを立てることもないとは思うのですが、逆にこのご時世だからこその問題があります。
そう、マークダウン記法です。

GithubでもQiitaでもTrelloでもesaでも、さらにこのブログでも今や見渡す限りがマークダウン記法です。
あの厄介なTableがほぼ|だけで書けてしまう、それがマークダウン記法です。

マークダウン記法では(通常)Tableの外側にdivを配置できません。
そこで、かのScrolling Hints by Responsive Tableに一手間改良を加えてみたのがこちら。

See the Pen Custom Scrolling Hints by Responsive Table by moro (@moro) on CodePen.

Custom Scrolling Hints by Responsive Table

変更点は、

  • 外側のdivをなくして、tbodyにドロップシャドウを適応
  • tbody内部を包括する要素がないためtr:first-childlast-childを利用してtbodyのドロップシャドウを隠す
  • スクロールからtheadを分離

のみです。
ちなみにmedia querymax-widthがやたら広いのは取り急ぎPCからでもスマホの表示を見られるようにです。

図としてはざっくり下記のようになっています。

余計わかりにくいかも知れない。

余談ですがアドベントカレンダーつながりで、来る12月8日にも「React #1 Advent Calendar 2017」に参加させていただく予定で、そちらでは「CSS in JS(Styled-components)」に触れさせていただく予定でおります。

ではでは。

最新の記事

お知らせ